筋肉太りしない筋トレ方法

自重トレーニングでインナーマッスルを鍛える

筋トレと言うと重たいバーベルで筋肉を追い込むと思われがちですが、それらのトレーニングは格闘家かボディビルダー向けのトレーニングになります。素人がやっても筋肉太りするので、パーソナルトレーナーの指導のもと適切なエクササイズと食事を徹底する必要があります。そうなると費用も掛かりますし、色々な事を犠牲にしなければいけません。
気軽に筋トレをしてボディメイクをしたいのであれば、自宅での自重トレーニングで十分です。自重トレーニングと言うのは、自身の体重を利用して行うトレーニングでインナーマッスルを鍛えるには最適です。
自重トレーニングで一番お勧めのエクササイズは腕立て伏せになります。大胸筋と上腕三頭筋を同時に鍛えられるからです。

ダンベルで基本的なトレーニングを継続する

軽いダンベルで筋トレをすると、筋肉の部位を意識し易くなりボディメイク向けのトレーニングができます。筋骨隆々な体ではなく、細マッチョと呼ばれる肉体を目指すのであれば、軽いダンベルで基本的なトレーニングを継続するに限ります。
基本的なトレーニングで外せないのが、ワンハンドローイングです。片手を椅子かフラットベンチに置き余った方の手でダンベルを持ち上げるエクササイズです。広背筋を刺激し、大きなエネルギーを消費します。コツは肩甲骨でダンベルを引き上げるイメージで行う事です。決して腕の力を利用してはいけません。
一般的にワンハンドローイングは重たいダンベルで行うエクササイズですが、広背筋は肥大化し易いので軽いダンベルで肉体を絞る感じで行うと美しいボディラインを手に入れる事ができます。